こんばんは。
前回の正解発表。

今までで一番訪問者が多かった記事は、こちらです。
  ↓
認定考査が終わった日の記事

この記事、2ちゃんねるにそのまま貼られたりしてましたからね…


事務所ホームページはこちら!


クリックおねがいします。
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

こちらもよろしく。
人気ブログランキングへ
さて、3連休がほぼ終わり。

また明日から頑張らないといけませんねぇ。

成年後見のお仕事も徐々に、徐々に本格化しはじめました。


成年後見のお仕事は、いわゆる「法律家」のお仕事とは、随分イメージが違うように感じます。


普通の「法律家」のお仕事は、法的にOKなものはOK。

法的にダメなものはダメ。

こういう、割り切った思考の仕方が原則になります。

で、こういう法的な判断がの基本にあって、依頼者にとって最善の方法を考えるのが、普通の法律家のお仕事です。



でも、成年後見は、あまり割り切った思考をするわけにはいかないのです。

そもそも、普段の業務に、法的な判断が要求される場面が、あまり多くないのです。

それぞれの方がおっしゃる事を聞いて、何をどう判断し、どこまで介入して、どこから深入りをやめるべきか。

こういう判断がとても難しいように思います。


当事者のそれぞれの意向が異なっていて、板ばさみになることもしばしばです。

いろいろと考えながら、良い後見人になっていかないといけないですね。