こんにちは!
合格したのにLECからいまだに答練のパンフを送られる、ふたこぶらくだです。
気づかれてないのかな…

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

勉強のスタートは、「過去問」「基本書」をそろえるところから。
いろんな基本書がありますよね。



初級~中級向けの基本書として定評があるのは、
竹下貴浩先生のデュープロセスシリーズ
山本浩司先生のオートマチックシステムシリーズ
住宅新報社の楽学司法書士シリーズ
といったところでしょうか。


デュープロセスシリーズは、科目により当たり外れが大きいと思います。
たとえば、「民法・不動産登記法」については、民法はそこそこ充実しているものの、不動産登記法についてはほぼ役に立たないレベルです。
「会社法・商業登記法」も同じ。
会社法はそこそこ充実していますが、商業登記は役に立ちません。
商業登記法の登記すべき事項が「別添FDの通り」と書かれていたのはびっくりしました。
実際に仕事をするときは「別添FDの通り」でいいのですが、試験では×ですよね。
憲法もスカスカで、かといって分かりやすいわけではなく…何の役にも立ちませんでした。
反面、供託法や刑法はとても役に立ちました。
解説の後に、過去問で出た論点をざっと列挙していて、これが非常に便利。全部の教科でこうやってくれればいいのに…と思います。
また、会社法や民法の記述も手堅いです。
民事訴訟法・民事執行法・民事保全法は、かなり詳細な記述がしてあり、本試験で必要な論点は十分すぎるぐらいです。
シリーズを通して、全体的に記述の仕方は簡素で淡白、という印象です。
ちなみに、僕はこのデュープロセスシリーズを活用しました。
くどくどと説明しない分、すっきりとしていて分かりやすかったです。
民法〇 刑法◎ 会社法〇 憲法× 民事訴訟系〇 供託法書士法◎
不動産登記× 商業登記× ですね。



あと、評価が高いのは山本浩司先生のオートマチックシステムシリーズ。
まずは、説明の平易さと、「なぜこのような制度があるのか」という制度の趣旨を丁寧に解説しているところに特徴があります。
内容もそこそこ深みがあり、法律用語の海におぼれてしまいがちな初心者にとっては、ありがたい本だと思います。具体例やイラスト、図表化などが非常に豊富です。
反面、ちょっと学習が進んだ人にとっては、「丁寧すぎる説明」が逆にくどい。一言で分かることをくどくどと繰り返されるような印象があり、フラストレーションがたまります。
僕はまさにそうで、山本先生の別の本も読む気をなくしてしまいました。
ただ、今まで法律を全く勉強したことがない人は、このオートマチックシステムシリーズから初めてはいかがでしょうか。


さらに、住宅新報社の楽学司法書士シリーズ。
字が大きい。漫画がいたるところに挿入している。難しい言葉を使わない。
もっとも「入門向け」なシリーズだと思います。
内容としても、結構しっかりしており、この本の内容を自分のものにしていけばかなりの力がついていきます。

基本的には、超初心者であればオートマチックシステムシリーズか、楽学司法書士シリーズ。
法律用語にそこそこ慣れている人は、デュープロセスシリーズが良いのではないでしょうか。

どの本も一長一短ですが、「これを基本書にする」と決めたら、浮気しないで徹底して何度も読み込むことが大事です。