sonate_fantasy

鳥取のつばさ司法書士事務所です!

平成22年に開業した司法書士事務所です。民事信託、相続、遺言などを得意としています。講演の記録や、民事信託の仕組み、日々の事務所の様子などを綴っていきます。

2009年12月

31

年が暮れました。

今年も暮れましたね…
年末のクリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

みなさま、一年間が終わりましたね。
今日はさっきまで塾講師の最後の仕事をしていて、これで今年の仕事はおしまいです。

ほ~た~るのひか~り♪ です。

一年間色々ありましたが、やはり最大のニュースは司法書士合格ですよね。
3回の試験は長かった…その間、苦しいことの連続でした。

塾の先生としても、昔の都会の塾と、今の田舎の塾の違いに苦しむばかりで、自分の磨き上げてきた技術がまったく通用しない苦しさにバタバタしました。

僕の塾講師としての人生も総決算なのかな…

さみしいですね。

この仕事が好きですし、特に今の塾には最高に愛着があるし。
生徒からもだいぶ人気が出ていて、いなくなったら寂しがるだろうなぁ。
何より、彼らと会えなくなるのはやだなぁ。
生徒一人ひとりに、「最後まで応援してやれなくてごめん。」です。

塾長も副塾長も最高の人たちばかりです。

恵まれてるなぁ、俺。

来年は新しい人生のスタートですが、さあ、一体どんなことがおきるのでしょうか。
まったくなにもかも想像がつきません。そもそも仕事があるのかさえも…

幸多き年になりますように。

このブログを見ているみなさんにも、お世話になりました。

それでは、よいお年を。
27

合格のための、最後の詰め

クリックおねがいします。

にほんブログ村 士業ブログへ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

司法書士試験、三回目。
直前期の4月。
LECの答練ファイナルを受講していて、気づいたことがありました。
それは、国語力の問題です。

司法書士の問題は、一つ一つの肢が、非常に長く、複雑です。
しかも、膨大な量の肢を読んで、正誤を判定しなければならないため、どうしても途中で、国語力不足のための読み取りミスが出てきます。

知識としては知っていたのに、問題文を読み違えていたというミスが、答練の度に1~3問ほど発生していたのです。
そのミスさえなければ、コンスタントに30問取れていたはずでした。
そこから、私は、いかに正確に問題文を読み取れるのかを工夫するようになりました。

おかげで、本試験では午前32、午後33をとることができました。

私の行った工夫は、
①問題文を「意味のカタマリ」に分けて、スラッシュを入れていく
②主語→述語、修飾語→被修飾語の関係をとらえる。
③キーワードをぐるぐると鉛筆で何重にもマルをつける
④その瞬間に思いついた法律構成などを書き込む
という、文章をバラバラに分解し、法律構成をしながら読むやりかたです。
さらに、後から読みづらいくらいにまで、問題文にがんがん書き込んでいきます。

たとえば、こんなの。
が,実父を代理する権限がないのに,の代理人と称してから金員を借り受けた。この事例において,が死亡し,の子と共にを相続した場合,が無権代理行為の追認を拒絶しているとしても,は,に対して,の相続分の限度で貸金の返還を請求できる。

漫然と読んでいくと、誰が何をしたのかさっぱりと分かりません。
まずはこれにスラッシュを入れましょう。そして、主語と述語、修飾語と被修飾語をはっきりさせましょう。
すると、

①Aは権限がなかった(「なかった」を鉛筆でぐるぐる。)
②Bの代理人と称して(「Aが」と、「称して」を矢印で結ぶ。Aの上に「無権代理人」と書き込む。Bの上に「本人」と書き込む。)
③Cから借りた(「Aが」と「借りた」を矢印で結ぶ。「借りた」を鉛筆でぐるぐる。)
④Bが死亡し(「本人死亡」と書き込む。)
⑤AがBの子DとともにBを相続した(相続関係図を書く!)
⑥Dが追認を拒絶しているとしても(相続関係図に「拒」と書く)

ここまで分解して、書き込んでいくと、文章がとってもクリアに分かりやすく見えてきます。
この上に、今まで勉強してきた知識を適用すれば、すぐに×と判断できますよね。

このやり方、特に学説問題で大きな力を発揮しました。
文章を細かく区切ってどんどん分析していくと、実は論理関係の矛盾などが見えやすくなってくるのです。
学説問題が苦手な方は、このようなやり方はいかがでしょうか。
なお、同じ県で合格したもう1名も、非常に肢の分析が細かい方でした。
25

司法書士の来年は厳しいです。

まだクリックしたことないのですか?
じゃあ、お願いします!

にほんブログ村 士業ブログへ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

司法書士の経営コンサルタントを務めていらっしゃる、船井総研の新貝さんのブログからの引用です。
http://ameblo.jp/shihou271/day-20091224.html


さて、来年の司法書士業界はなかなか厳しい予感がします。11月から不動産の動きが完全に止まっているようですし、債務整理案件も落ち着いてきたようです。
一方で、新しい業務分野として期待されてきた企業法務、相続手続、成年後見などは、まだまだ一部の人だけが目に見えた成果を手にしているだけ。
その一方で、司法書士会は広告の規制や報酬体系の規制を加えようとしているようです。
マクロに俯瞰すれば、来年は厳しい一年になると予想せざるを得ません。それも、何か構造的な厳しさのような印象を受けます。


こういい残して、ニューヨークに旅立ってしまいました。
「夢を売る」仕事であるコンサルタントがこう言うのですから、よっぽどのことなのでしょう。

僕の来年はどうなるのかなぁ…

さて、このブログの新貝さんの本は、僕のお気に入りの本でもあります。



司法書士事務所の経営は、一般企業の経営と根底は変わらないのだ、ということを確信しました。
いかに、良好なサービスを提供し、それを知ってもらい、顧客を獲得するのか。
非常に具体的なメソッドが述べられています。
細かなサービスへの心配りが、気がつくと大きな差を生むんですよね。
学習塾業界も一緒なので、なんとなく分かります。
何度も何度も読み返したくなる本です。
とってもオススメ。
24

美人時計&美女暦

おはようございます!今日もクリックで一日をはじめましょう。

にほんブログ村 士業ブログへ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

今話題の、美人時計と美女暦、始めてみました。

僕の文章読むよりも、ずっと気分がいいでしょう。

さあ、塾の冬期講習がスタートしています。

こちらも全力を尽くさねばなりません。
23

コンビニで住民票

応援おねがいします!一日一回ずつです。
にほんブログ村 士業ブログへ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

東京都三鷹市、東京都渋谷区、千葉県市川市では、セブンイレブンで住民票や印鑑証明書を取れるようにするようですね。
北海道のセブンイレブンに行けば、市川市の住民票が取れるとか。
便利な時代になるようです。

そのうち、司法書士が職務上請求書をもって、セブンイレブンに並ぶ日が来るのでしょうか。
住民票と缶コーヒー、セットで420円です。
山田花子プロデュースの原戸籍がとってもお得になってます。
ご一緒にいかがですか?

ミニストップの軽食コーナーで、多重債務相談会もできそうな勢いです。
ベルギーチョコソフトを食べながら、「これは破産を考えたほうがいいですよ。破産情報もコンビニに公告されますけどね。」

この際、登記も供託も全部ローソンでやればいいじゃないですか。
ファミリーマートで口頭弁論を開けば、「国民に身近な司法」の実現に大きく寄与できますよね。

冗談はさておき、まだまだコンビニの機能は広がるのではないでしょうか。
僕としては、警察と連携して「緊急避難所」として活用し、防犯機能を高めることは現実にありうると思います。
他に何ができるのか、いろいろ想像してみても楽しいですね。

個人的には、各役所に職務上請求書を送って返送されるのを待って…という相続登記の手続きがとても面倒なので、戸籍の管理が全国一元化されることを望みます。
別にコンビニじゃなくてもいいんですけどね。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード